体重が減らなくなる停滞期の原因

体重が減らなくなる原因

ダイエットを行っていると最初の数ヶ月は調子よく体重が減って行くのですが、途中からパタンと体重が減らなくなる時期があります。

この停滞期からの脱出がダイエットにおいて、もっとも難しくつらい時期でもあります。しかし!体重が減らなくなる停滞期の原因が分かれば、解決策は見出せます。その原因は実に単純なことなのです。

停滞の原因はマンネリ化

体重が落ちなくなる原因はフィットネスプログラムの「マンネリ」が原因なのです。毎回、同じメニュー、同じ時間など運動に変化のないフィットネスを行っていると、体はその運動に慣れてしまいます。

刺激に体が慣れてしまうと体脂肪が燃焼しなくなるのです。

マンネリ化を防ぐことが効果を持続させる

週によってエアロバイクやランニングマシーンなど運動を変える。毎回、同じメニューを行わないようにする。

停滞から抜け出すにはマンネリ化を防ぐことが重要となってきます。
例えば筋トレの後にエアロバイクを行っていれば、筋トレの後にランニングマシーンで走ってみたりと、プログラムに変化を与えることが必要なのです。

筋トレは2~3週間でメニューを変更

・種目の順序を変更する
・負荷を変えてみる
・新しい種目を取り入れてみる

特に筋トレは2~3週間でメニューを変更することをおすすめします。負荷を変えてみたり、種目の順序を変更してみる。新しい種目を取り入れるなど2~3週間で刺激に変化を与えるようにしましょう。

運動をしているのになかなか痩せない・・・なぜ!?
なかなか脂肪が燃えない人におすすめ!プロボクサーも愛用しているダイエットサプリ>>脂肪燃焼を促進させるサプリのヒミツとは!?

トップページ

スポンサードリンク
シェイプボクシングプロ カーブス